〝拍手なし?の若者たち〟

〝拍手なし?の若者たち〟

参院選最大の山場・三連休の初日は、千葉駅、藤沢駅、桜木町駅、柏駅、稲毛駅を走り抜けました。

主に、志位和夫委員長の街頭演説で決意表明。藤沢、桜木町は、あさか由香神奈川選挙区候補と、柏駅は、浅野ふみ子千葉選挙区候補とスピーチしました。

応援弁士も多彩です。
●藤沢では、弁護士の太田啓子さん、12区市民の会の吉塚康夫さん。
●桜木町では、緑の党神奈川県本部共同代表の石崎ひろみさん、市民連合共同代表の前田康雄さん、慶応大学名誉教授の小林節さん。
●柏では、東葛病院副院長の大野儀一朗さん、新社会党の長南博邦さん、柏市議の本池奈美枝さん、8区市民連合の武中悦子さんです。
ありがとうございました。

どこもたくさんの方が聞いていました。「政治を変えよう」という情熱を感じました。

とくに、桜木町駅前は宣伝カーから一望できる条件もあり、聴衆がどんどんふくらんでいくのがよくわかります。

もう一つ。どこでも若者の姿が目立ちました。途中の拍手はいっさいなし。まさに真剣そのもの。このクニの未来と自分の将来を重ね合わせて考える姿に希望を感じました。

最後の稲毛駅では、減らない年金を実現しようと演説していると、30代くらいの夫婦が「選挙に興味がなかったけど、入れます」。一緒にがんばりましょうと握手。

たくさんの方から力をもらいました。今日も情熱をこめて希望を話します。