〝希望を語りあう選挙〟

〝希望を語りあう選挙〟

昨日は、武蔵小杉駅からスタート。午前は川崎市中原区のいくつかの駅前やブレーメン商店街で、午後は幸区のスーパーマーケット前で演説しました。

暮らしに希望を3つの提案、消費税増税中止と財源、憲法9条をいかした平和外交について演説しました。

ブタさんプラスターも到着し、年金を支える3つの財源を話すと、「少子高齢化だから」とふりまかれていた年金削減路線が宿命ではないことが伝わります。すると顔が明るくなります。

印象深いのは、川崎駅ラゾーナ前のお帰りなさい宣伝。幸区後援会のみなさんと元気よくとりくみました。

年金についてのシール投票も登場。ボードが出た途端、「貼りたいんですけど」と行列状態。「将来年金だけで暮らしていけるのか」と若者たちの不安と怒りがあふれました。

さらに、私と対話している方の後ろに行列も。自分の気持ちを話したいーーまさに意思表示です。

希望を語りあう選挙、いいですね。