〝デモ、カッコいい〟

〝デモ、カッコいい〟

#0609原宿デモ に駆けつけることができました。『すごい』の一言です。

サウンドカーはノリノリ。「兵器を買うな。暮らしにまわせ」「主権者はわたし、主権者はあなた」「選挙に行こう、選挙で変えよう、みんなで変えよう」……。気持ちのこもったコールに身体がふるえました。

ベランダから一緒にコールしてる姿、交差点で踊ってる姿、いろんなところで手をふってる姿…。いままで、たくさんのデモ・パレードを若者と歩いてきましたが、これほどの一体感は初めてです。

そして、写真いっぱい撮られました(笑)。きっと、デモがカッコよく映ったのでしょう。

神奈川、千葉、山梨の若者たちと歩きました。みんな顔が輝いていました。ここに希望がある。必ず変える。みんなで変えたい。

その日は、山梨県大月市からスタートです。JR鳥沢駅に設置された公共トイレを、藤本実市議、畑野君枝衆院議員と視察しました。

駅舎改修のさいにトイレが撤去されてしまう予定でしたが、地元住民や登山団体などが集めた署名、藤本市議による市や国土交通省への要請が力になってトイレ設置が実現。私も要請に同席しただけに、市民や藤本議員のがんばりに敬意を表します。

続いて演説会です。参院選直前に大月市議会議員選挙(6月23日告示、30日投票)がおこなわれます。3期目めざす藤本実市議の勝利とともに、続く参院選で「比例は日本共産党」「選挙区はいちき伴子」を広げてほしいと、宮内げんさんとともに訴えました。

藤本議員の実績に驚きます。若い人が住み続けられるようにしたいと高校3年までの医療費無料化(10月実施)、小中学校へのエアコン設置などを実現。今度は学校給食の無償化を求めています。

そして、横浜・桜木町駅前です。神奈川県の日本共産党保育・子育て後援会が保育園増やそう!賃金あげよう!共産党のばそう!アピール宣伝です♪

日本共産党は「ポストの数ほど保育所を」ととりくんできた政党です。安倍政権の中途半端で新たな負担をもたらす無償化ではなくて、希望すれば全員入れる環境整備の仕事にとりくませてほしいと訴えました。