〝みんなでつくる政治〟

〝みんなでつくる政治〟

昨日は横浜市磯子区の集いからスタートです。急な呼びかけにもかかわらず20人以上が集まりました。「健康で文化的な生活を送る権利を保障するーーこれが政治の仕事です。『財政が厳しい』と社会保障予算はバサバサ削って武器を爆買いする政治を変えたい」と話しました。

そして、国会へ。千葉県にかかわる問題で二つのレクに出席しました。

一つ目は、成田空港の問題です。飛行時間が今年秋から、夜11時から深夜ゼロ時に拡大されようとしています。睡眠障害などの健康調査はこれからにもかかわらず、時間延長に前のめりの国の姿勢を批判。郷土とくらしを守る会、平和塔奉賛会が、40年前に交わした取極書にもとづき、国、県、空港との協議を求めました

二つ目は、陸上自衛隊オスプレイが木更津に暫定配備される動きがたびたび報道される問題です。今回の報道の特徴は「来年3月に暫定配備」「今月末に市を訪問」と、これまでより具体的なこと。担当者は「あらゆる選択肢を検討」をくり返し、否定しませんでした。重大な問題です。

そこから、また横浜市です。今度は、日産自動車グローバル本社前。南関東いっせい宣伝として、お疲れさま宣伝をおこないました。「日本共産党という党名には、働く者を大切にする社会をめざすという理想がこめられている。生産力の発展を労働時間の短縮にいかし、たった一度しかない人生を大切にできるようにしたい。働く者と力をあわせたい」と演説しました。

最後は、千葉県JCPサポーターの集まりに顔を出しました。会場いっぱいの30人が集まっていました。街頭トークによる対話宣伝、SNSによる発信、視覚的に訴えるグッズなど、さまざまなアイデアが出され、なんとしても勝ちたいという熱意と意欲を感じました。