〝暑い一日〟

〝暑い一日〟

今日は終日、松戸市内で行動しました。

午前中は、現地調査です。国道464号線の松戸市大橋地域の歩道があまりにも狭く、危険個所がいくつも。周辺住民とともに、千葉県東葛飾土木事務所の立ち会いで調査しました。

「傘をさすとまっすぐ歩けない」「歩道がひどすぎる」などの声が次々と。大型車が白線スレスレに通りすぎる事態を見て、いつ事故が起きてもおかしくないと危機感を持ちました。

国道といっても県が管理する道路です。国の補助が出るといっても総額があまりにも少なすぎ、市民が求めるペースで補修がすすまないのです。高速道路建設をすすめるよりも生活道路の整備を優先すべきです。修繕事業を地元業者優先にすれば雇用創出にも結びつきます。

それにしても日射しが暑かったですね。みなさんも熱中症にはお気をつけください。

お昼には松戸駅東口で、三輪由美県議、ミール計恵市議と街頭演説をおこないました。

「がんばってね」「安倍政権をおわりにさせないと暮らしがもたない」など、期待の声が次々と。握手も次々。

そして午後は、みわ由美県議と松戸市内をまわりました。

消費税を増税できる環境ではない、いつまでも消費税に財源を求めるのではなく所得税や法人税の優遇税制を見直すとき、そして平和憲法を高くかかげて軍拡競争に待ったをかける役割はたそうと演説。

驚いたのは最後の演説場所で、3人が拍手をよせてくれたことです。「共産党しかない」などの声が寄せられました。