〝たたかう者と〟

〝たたかう者と〟

NECの不当解雇とたたかう伊草さんを支援する会の発足集会に、畑野君枝衆院議員と駆けつけました。

今日、働く者の尊厳と解雇撤回を求め、NECディスプレイソリューションズを提訴したばかり。20代の若者が泣き寝入りせずに決断した思いははかりしれません。

労働者を解雇し、一時的な利益を確保することでしか評価されないとの思い込みは払拭しなければならないーーそんな気持ちをこめて「長年、使い捨て雇用をなくそうととりくんできた者の一人として、声をあげる20代の若者としっかり連帯したい。ともにたたかう」とあいさつしました。

そして、神奈川県建設労働組合連合会の新春のつどいに、畑野君枝衆院議員、あさか由香参院選挙区予定候補、井坂しんや、藤井かつひこ、君嶋ちか子、加藤なを子、大山奈々子、木佐木ただまさ各県議と出席しました。

仲野会長をはじめ加盟組合のみなさんにごあいさつ。「いよいよだね」「消費税止めないとやっていけない。がんばろうな」とがっちり握手。その力強さに力をもらいました。

「建設労働者の処遇改善にとって前進の年になるよう、しっかりがんばっていきたい」とスピーチしました。

建設労働者が、労働組合という組織をつくることで最大公約数の要求を政治やメーカーなどに示すことができるーー職人の誇りをかけ、今年の連帯と共同の事業に奮闘している仲間です。

神奈川、千葉、山梨の3県をまわり、職場の違いはあっても、働く者の尊厳と暮らしを守ることが社会発展に貢献する想いで、多くの労働者ががんばっています。そのがんばりにしっかりこたえる政治にするためにがんばりたいと思います。