〝政治に秋晴れを〟

〝政治に秋晴れを〟

今日は終日、山梨県笛吹市内で活動しました。

河野智子、渡辺正秀両市議と6カ所で街頭演説をおこないました。ドライバーがクラクションを鳴らしたり、手をふったり、激励の多さに驚きました。

途中雨が強く降ったものの、あがったあとの虹が見事。紅葉も見ごろ、ひんやりした空気も感じながら、「よし、政治に秋晴れを」との決意も込めて訴えました。

その合間と最後に、語りあう集いでした。一つは石和共立病院内後援会、もう一つは笛吹市全体です。

どちらも共闘への質問が寄せられ、「安倍政権に勝つ方法は?」との問いに「あきらめないこと。そして、大義を鮮明にし、本気の共闘で立ち向かうことです」と答えました。

そして、消費税増税、国保料、リニア、公共交通機関、住宅などについての質問や生活実態が出されました。

「暮らしを向上させるためにも、参院選で必ず安倍政権を退陣に追いこもう。日本共産党の議席も増やそう」と決意を固めあいました。